太陽光発電の価値観

太陽光発電に関しては、その価値観を認める方々出なければ分りません投資資金の返還や利息云々を語られる方々には価値観は実存しないので全てが否定されます。

別途でローンを組んで購入するくらいならば借り換えで浮いた差額で購入、これは理想とも思えます。

ただし現実的には今の利息が3.5%前後、残債・支払い年数が1500万&15年以上でなければこれも成立はしません。

自宅も創設してますが月の電気代で5000円~12000円は下がり、売電はkw/48円計算で8000円~12000円の一定範囲で返還できています。

もちろんオール電化は創設済みです^^

合算すれば13000円~24000円は浮いてる計算ですし、フルタイムで家に居ますので共働きわが家ならばもう少し金額的には上昇するでしょう。

現実的にも創設して全く無意味だ!という意見は見かけません。

この一定範囲で考えれば家系的にはプラスマイナス0で考えると管理ナンス後はプラスばかりが生じるという発見も応需です。

因みにパワコンの交換が急がれるとの意見がありますが、パワコンは交換しなくてもOKです、内部のパーツ交換で復帰応需なので出費的にも7万前後で行なえます。(パワコンは30万~です)

太陽光発電は、キャッシュで払っても10年ぐらいでようやく資金返還できます。

ローンの借り換えであまったということは、新しくまたローンを組むということです。

それでは、資金返還は15年以上先ということになります。(10年でパワコンの修理も調査しますのでもう少し先かも)

でしたら、その0.6%分をためておいて、繰り上げ返済をした方がはるかにごわが家の負担は少なくなるかと考えます。

「太陽光発電」が大部分取り入れられていますが・・・近時「住宅ローン借り換えで低月利→その差額で太陽光発電がつく」みたいなのを聞きますが、実行された方いますでしょうか?

実物を対比・検証すると海外メーカーの製品は国産製品の半値くらいでちょうど良い幅の品質ですよ。

駐車場の折半屋根に取り付ける場合には、三菱は創設処方がNGですので、カナディアンより品質が良くて同一料金帯の国内メーカー製シャープをお勧めします。

160AW×28枚=4.48kw基本システムで218万(工法含む・税込)です。

瓦屋根・一面創設が基本ですので多面創設及び折半屋根の部分につきましては若干の追加出費がかかります。