結局太陽光発電を始めるか迷っています。

太陽光発電を始めるか迷っています。

うちが標準ケースに当てはまると言うことで、今までに2件の事業家から話を持ち掛けられました。

1.持ち家である
2.小さな子供がいる(9才・2才・0才)
3.人の出入りが多い家である
4.光熱費(電気・ガス)が毎月1万円以上する(うちは真夏・真冬などのピーク時期は2万円以上)
上記の基準で標準ケースを探していて、なってくれれば仕事費は事業家が負担し、機械代などの初期の実費は毎月安くなる光熱費分で払えるので、今まで通りの出費で太陽光発電が出来るとのことでした。

これから子供達が成長すれば光熱費がかかるのは必然だし、初期にまとまったお金がかからない、仕事費がただで出来るなら…っと始めたい心情はあるのですが、おいしい話なため騙されたり、下手な現場をされたら!?、太陽光発電のデメリットは!?っと今ひとつ不安があり決断が出来ません。

データを取りたいのでモニターになってくれませんか? とかね。

仕事費は事業家側で負担するとか、今なら特別割引するとか・・・いろいろで、こちらとしても質問や基準を出しました。

・ 重量増加に伴う柱や梁の補強仕事はどうするのか。

・ 光熱費が削減できるというが、うたい文句より削減できなかった場合は補償するか。

・ モニター先に財的な負担をかけることなど論外なので仕事費はもちろん、機械代など増殖するすべての実費は、そちら側が負担すること。

・ モニターをするのは負担なので、10年と言うなら1ヶ月1万として10年分120万円を先払いしてほしい。

という基準を出したら、何故か皆さんお帰りになりました。

結局、モニターとか標準ケースなんて言うのは悪徳事業家が「カモになる標準ケース」と考えている証拠でしょうね。

機械代などの初期の実費は毎月安くなる光熱費分で払えるので、今まで通りの出費で太陽光発電が出来るとのことでした。

これだと機械代を払うために太陽光発電をするだけで、何のメリットも無いどころか仕事による家の補修などの実費は自己負担ですよね。